キャビテーション 効果 口コミ

キャビテーションの効果詳細

近年人気急上昇中の痩身施術であるキャビテーションをご紹介します。
テレビなどでも話題にあがるようになりましたがまだまだ認知度は低く、詳しくは知らないという方も多いでしょう。

 

【キャビテーションとは】
病音波マシンを使った痩身施術で、超音波で脂肪を刺激して分解・乳化させます。
分解・乳化した脂肪はスムーズに体外へと排出されていきますので、効率の良いシェイプアップが望めますし、理想のボディラインに近づくことができます。

 

シェイプアップでは運動と食事制限が必須だと言われてきましたが、超音波の力で痩せることができるのです。
脂肪吸引のようだけれどもメスは使いませんので安心感も大きいですし、方法も超音波を当てるだけとかなりシンプルです。
希望する箇所だけシェイプアップできる便利さもあるので、「メスを使わない脂肪吸引」と呼ばれている理由も納得ですね。

 

メスを使わないということは手術も入院も不要なのでダメージも受けません。
痛みもありませんから、施術代に横たわるだけでOKです。
とても簡単にできる痩身施術、魅力的ですね。

 

これまで食事制限や運動などのダイエットで挫折してきた人、またはリバウンドしてしまった人も、痛みを感じずにお手軽に痩せることができるので挫折することもありません。
キレイに安全に痩せられるというのがキャビテーションの人気の理由です。

 

 

 

キャビテーションのメリット・デメリット

キャビテーションのメリット・デメリット

 

エステサロンなどでもキャビテーションを取り入れるところが増えてきました。
シェイプアップを希望する箇所に超音波をあてて脂肪を乳化させるという方法で、乳化した脂肪が体外に排出されることで痩せることができるのです。

 

かなり人気が高まってきている施術方法ではありますが、メリットもデメリットもあります。
今回はキャビテーションのメリット・デメリットをご紹介します。

 

 

【キャビテーションのメリット】

 

・痛みが無い
キャビテーション施術では痛みを感じることはありません。
これは非常に嬉しいメリットなので、安心して行えますね。

 

・メスは出番ナシ
脂肪吸引ではメスを使いますが、メキャビテーションではメスの出番はありません。
そのためダメージもかなり少ないですし施術後のダウンタイムも不要となります。

 

・希望する箇所をピンポイントで施術できる
「この部分だけ痩せたい」というピンポイントな施術も可能なので、全体のバランスを考慮しながらダイエットできます。

 

・リバウンドのリスクが低い
リバウンドのある食事制限などと違い、脂肪細胞数そのものを減らす方法なので、これといったリバウンドというのは起こりにくいでしょう。

 

・気になるセルライト除去もできる
別途でセルライト除去をしなくて済みます。
シェイプアップと同時にセルライト除去もできて、一石二鳥です。

 

【キャビテーションのデメリット】

 

・施術は数回必要
1回きりでは効果が薄いので、少し億劫ですが数回施術を受ける必要があります。

 

・相応の費用が発生する
エステに通って何度かキャビテーション施術を受けなければならないので、その都度費用も発生します。

 

よく読まれてるサイト>>>>>知っておきたい!キャビテーションとは何?
キャビテーションの記事を書くのに参考にさせてもらいました。

キャビテーションにおける安全性 

キャビテーションにおける安全性

 

キャビテーションという痩身施術は特に欧米で人気急上昇中です。
超音波マシンをあてるだけでダイエット・シェイプアップができてセルライト除去もでき、さらに痛みも無ければ安全性も高いので、人気急上昇中なのもうなずけます。

 

近年は日本での注目度も高まっていますが、キャビテーションを初めて知ったという方もいるでしょう。
本当に安全性が高いのかも気になるところですよね。
今回はキャビテーションにおける安全性についてご紹介していきます。

 

医療機関でもキャビテーションを取り入れるところが増えています。
また日本を含めた各国の大学でも研究され、安全性が認められているので、高い安全性というのは説得力があります。

 

これまでの痩身施術はヤケドをすることもあれば、施術箇所がうっ血してしまうリスクもありました。

 

それらの危険性が全く無いのがキャビテーションです。
ヤケドやうっ血といったトラブルもありませんので、高い安全性があります。
またメスを使わない脂肪吸引という別名がつくということからも、安全性の高さがうかがえます。

 

脂肪吸引のようにメスを使うことはありません。
術後のクールダウンも必要ありません。
体に優しい施術方法なので、一度試してみてください。

 

ただし妊婦さんやペースメーカーを使われているという方は、キャビテーションは行えません。
いくら安全性が高くても万が一ということもありますので、妊婦さんやペースメーカー使用者は別の方法を探しましょう。

 

妊娠しているかもしれない時や体調が思わしく無い時は、施術前にスタッフに正直に言いましょう。
事前の相談というのはトラブル回避のためにも大事にしましょう。

 

 

更新履歴